人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


<   2006年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
フレミングの法則+カレー
2006年 07月 20日
c0033210_048639.jpg

世界で一番有名な法則はなんだろう?
ボクは、多分、フレミングの左手の法則じゃないかと思ってる。
学生時代、左手3本の指をやたらとお互い直角にピンと伸ばし、意味も分からないまま
ひたすら「うんじ~でん、うんじ~でん(運・磁・電)」と唱えて覚えた記憶がある。
多くの日本人が生まれて初めて習う「法則」もこのフレミングの法則なのかもね。
最近じゃ、ガスパッチョのCMにフレミングさん本人が登場する勢い(笑)。
昔を思い出しながら、どんな法則だったかおさらい。

*******************************************************************************
フレミング左手の法則(英:Fleming's left hand rule)は、ジョン・フレミングによって考案された、電流が流れる導体にかかる力と磁界の関係を示すもの。左手の中指と人差し指と親指をたてて互いに直角の関係にしたとき、以下の関係が成り立つことを示してくれる。
 ・中指……電流の方向
 ・人差指……磁界(磁場)の方向
 ・親指……電流が流れている導体にかかる力の方向
※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*******************************************************************************
なるほど。
やはり意味はあまりわかってないが……。
ところで、インドではカレーを食べるときに左手ならぬ「右手の法則」ってもんがある。
それは特に写真のようなナンを食べるときに最大限にその威力を発揮する。
右手の中指でお皿の上にあるナンをおさえつけ、
人差指と親指で食べたい量のナンをつまんでちぎりはがす。
それをそのまま口に運んで食べる。
これが、右手の法則だ。
ま、本当にそういう名の法則があるわけじゃないんだけど、
この際、ボクが法則として命名させていただくとしよう。
インド料理店に行ってこの法則を実行すれば、
たちまちインド人店員の目の色は変わるはずだ。
油断してたら「君はインドに行ったことがあるのか?」とか
「インド料理、好きか?」なんて親しげに話しかけられるに違いない。
カレーを食べて周りから一目置かれるための法則なのだ。
……と、ここまでノリノリで書いて、
ふと、もう一度フレミングの法則についてのページを見直してみて、愕然とした。
な、なんと、フレミングには右手の法則もあるじゃないか!

*******************************************************************************
フレミング右手の法則(英:Fleming's right hand rule)は、ジョン・フレミングによって考案された、ある方向に磁界(磁場)がかかっている導体が動いた時、導体内にかかる起電力の関係を示すもの。右手の中指と人差指と親指をたてて互いに直角の関係にしたとき、以下の関係が成り立つことを示してくれる。
 ・中指……導体にかかる起電力の方向
 ・人差指……磁界(磁場)の方向
 ・親指……導体の動いた方向
※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*******************************************************************************
恐るべし、フレミング。
失礼しました、出直して、カレーの右手の法則のほうも考えてきます……。
★フレミングの法則より便利な「カレーの法則」はこちらから★
※シェフカレー他セット/¥1250/シャヒ・ダワット/千代田区神田錦町2丁目
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-20 23:48 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(6)
メンデルの法則+カレー
2006年 07月 19日
c0033210_3591998.jpg

コメントに投稿してもらったメンデルの法則について、調べてみた。

*********************************************************
メンデルの法則は遺伝学を誕生させるきっかけとなった法則であり、メンデルによって1865年に報告された。
①形質への着目--- メンデルはまず、エンドウマメに背の高いものと低いものがあることに着目した。
②純系の選抜--- そして、背の高いものの種子のみを集め、修道院の庭で別に育てた。育ったものの高さを見て、高くなったもののみの種子を集め、さらにその翌年、それをまいた。これを数年続けることにより、必ず背の高くなるエンドウマメの種子を収穫することができるようになった。背の低いものも同様に、数年かけて選定を行い、必ず背の低くなる種子を収穫することに成功した。
③優性の法則の発見--- 次にメンデルは、必ず背の高くなるエンドウマメの種子を育てて咲いた花のめしべに、必ず背の低くなるエンドウマメの種子の花粉を受粉させた。また、逆に背の低いものの花のめしべに、高いものの花粉を受粉させた。そして収穫された種子をまくと、すべてが背が高くなった。
※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*********************************************************
優性遺伝という言葉は聞いたことがあったんだけど、
そもそもはエンドウマメの実験から照明されたものだったんですな。
簡単に言ってしまえば二つのものを掛け合わせたときに、
アクの強い(?)もののほうに影響される可能性が高いってことになる。
築地場内にある『中栄』の名物メニュー「あいがけ」は、
ハヤシソースとカレーソースがひとつの皿に盛り付けられている。
この場合、交互に食べたり混ぜて食べたりすると、
どうしてもスパイスの香りが強い分、カレー味のほうが強く印象に残ってしまう。
カレーとハヤシではカレーが優性遺伝するわけだ。
多分、カレーとビーフシチューやカレーとクリームシチューとかでも
同じような優性遺伝が起こるに違いない。
「メンデルの法則」的「カレーの法則」。
カレーって恐ろしい食べ物だ……。
★「メンデルの法則」より簡単な「カレーの法則」はこちらから★
みなさんの知ってる「**の法則」募集中です!
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-19 23:50 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)
最新刊『カレーの法則』発売のお知らせ
2006年 07月 17日
c0033210_115639.jpg

世の中には色んな法則がある。
でもカレーの世界には法則がない。
おかしな話じゃないか。

唯一あるとすれば、「蕎麦屋のカレー南蛮の法則」くらいかな?
蕎麦屋で誰かがカレー南蛮を注文するとつられてあとから来た客が
次々とカレー南蛮を頼むという法則。
なんか、あったよね、たしか、そういうの……。
いやいや、そんなテレビのバラエティ番組ネタのようなインチキなものではなく、
もっと信憑性のある、そして、もっと普遍的な法則があってしかるべきなのだ!
ということで、作っちゃいました。
カレーの法則。

みなさんはカレーがなぜ美味しいのか、真剣に考えたことありますか?
ボクは、今回、真剣に考えてみました。
そして、現時点で最高の答えを導き出しました。

★(素材+だし)×スパイス+隠し味

美味しいカレーはほぼ全てこの法則で説明がつきます。
この法則を詳しく説明し、それに従って様々なカレーのレシピを紹介した最新刊、
『カレーの法則』(NHK出版)がついに発売されました。

※以下まえがきからの引用

*******************************************************
「おいしいカレーをつくりたい!」
と思ったとき、みなさんはどんな方法を思い浮かべますか?
例えば巷にはこんなうたい文句が溢れています。
「数十種類のスパイスを使った……」
「牛肉を20時間以上じっくり煮込んだ……」
「3時間かけてたまねぎを炒めた……」
「3日間寝かせた……」
「何種類もの隠し味を駆使した……」
でも、これらはすべて迷信です。
実は、こんなことよりもカレーをおいしくするために、
意識して欲しいこと、やって欲しいことは
もっとほかにたくさんあるんです。
カレーが、なぜおいしくなるのか。
どうしたらその効果を出せるのか。
その謎を解く鍵が本書で説明する『カレーの法則』です。
(つづく)
*******************************************************

自分で言うのもなんですが、
とか言いつつ、自分で堂々と言っちゃいますが、
この本は、日本のカレー文化を揺るがす「金字塔」となると信じてるわけであります!
ん~、やっぱ、恥ずかしいな、こういうセリフ……。
でも、それくらいに自信のある1冊。
本当に美味しいカレーを作りたいと思う全ての人に読んでもらいたい本です。

さてさて、この「カレーの法則」が果たしてどれほどのもんなのか、
しばらくの間、世界の名だたる様々な法則たちをこのブログ上で取り上げ、
検証してみたいと思います(笑)。
乞うご期待!
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-17 01:02 | *番長からのお知らせなど | Comments(13)
糸井重里×東京カリ~番長×永田野菜×イエカンカレー
2006年 07月 16日
c0033210_2217179.jpg

本日の『スープカレーキッチン』(マーブルトロン)増刷記念パーティに
お越しいただいた方々、ありがとうございました。
糸井さんのような、短時間に素晴らしい発想の数々が泉のように溢れてくる人と、
1時間半以上もカレーについてトークできたことをヒジョーに幸せに思ってます。
次はいつの日か、「ほぼ日カレー部」イベント会場で会いましょう!!!
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-16 22:17 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
境界線+カレー
2006年 07月 15日
c0033210_233681.jpg

今日の大学でのカレー講座は、書店として有名な「丸善」さんが
ハヤシライスとカレーライスについて話してくれることに。
ということで、昼は当然、予習をかねて丸の内のオアゾへ。
4Fの洋書コーナーでインテリア本、建築本、アンティーク本をひと通り物色し、
元祖ハヤシライスにありつくために同じフロアにあるエムシーカフェへ。
メニューを見て考え込んでしまった。
なんと、ボクの大好きなカレーとハヤシの「あいがけ」があるのだ。
それだけなら悩まない。
メニューにはオムライスにカレーとハヤシがあいがけされているメニューもあるのだ。
そればかりか、ステーキがトッピングされているカレーやハヤシもある。
しかし、ステーキトッピングの場合、あいがけがないから、
カレーかハヤシかのどちらかを選ばなければいけない。
さて、どうしよう。
どういうわけかボクの場合、初めて行くお店では、
そのお店で一番値段の高いカレーを注文してしまう傾向にある。
ということは、1800円するステーキのメニュー。
でもあいがけも捨てがたい。
で、店員さんにまたしても無理なお願いを。
「あの、ステーキのヤツでカレーとハヤシのあいがけってできませんか?」
すると、
「できますよ」
とアッサリと嬉しいお返事。
言ってみるもんですな。
ワクワクしながら待つ。
運ばれてきた「ステーキあいがけ」を見て、
僕の気持ちはまた盛り上がってしまった。
カレーとハヤシの境界線がきれい!
通常のあいがけは真ん中に白いご飯の山がこんもりとあって、
それがカレーとハヤシのソースを分けているケースが多い。
でも、これは違う。
カレーとハヤシがくっついているのだ。
しかも、その境界線はクッキリ。
色の薄い方がカレー、濃いほうがハヤシ。
濃いハヤシのほうを先にかけたのかな。
ライスの上に乗ったステーキも見事にカレーソースがかかったものと
ハヤシソースがかかったものとどっちのソースもかかってないものにわかれてる。
これ大事。
ステーキ単体で味わって、
カレーステーキを味わって、
ハヤシステーキで味わって、
といろいろ楽しめるからだ。
さらには、
カレーライスを味わって、
ハヤシライスを味わって、
白いライスのみも味わえる。
そしてそして、
それぞれを混ぜても楽しめる。
いや~、すばらしい。
エンターテインメントを盛り込んだひと皿なわけですな~。
勉強になりました。
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-15 22:33 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
裏モットー+カレー
2006年 07月 14日
c0033210_11464632.jpg

「100%ケータイ撮影」をモットーとしているこのブログには、
実は、もうひとつ裏モットーがある。
それは、「100%縦位置写真」。
単純にケータイで撮影すると必然的に縦になるわけで、
撮った写真をそのままメール貼付して送信することで
ブログを更新しているわけだけだから
わざわざ横位置で撮影して、縦に持ち替えてメールを書くのがスマートではないのだ。
それに、縦で撮ったときにカレーの写真に奥行きが出るのも意外と気に入ってるしね。
ところが、この料理みたいに丸いプレートに色んなアイテムが
乗っているタイプの料理を撮るときには、
どうにもおさまりが悪くて苦戦する。
結果、不自然にプレートの片側に全てのアイテムを寄せて撮るという
作り手には失礼極まりない行動に出ることになる。
顔見知りのインド人コックさんに「すまぬ」と心の中でつぶやきながら
ケータイのシャッターを押すのであります。
※ミールス/ダルマサーガラ/東銀座
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-14 07:40 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(11)
鰹節+カレー
2006年 07月 13日
c0033210_1135461.jpg

イエカンで日曜のイベントの打ち合わせ。
おなじみのスープカレーを食べながら、
色々あ~でもないこ~でもないとしゃべりながら、
ふと思った。
スープカレーに鰹節をどっさり盛り付けたらうまいかも……。
鰹節、鰹節、鰹節……、いいぞ、それ。
と話の流れと関係ないことを頭に浮かべながら打合せを進めてたら、
いつの間にかボクの頭の中が混乱し始めてきて、
それにつられて話の中身もどんどんアサッテの方向へ。
気づいたらおかしな発言で話をまとめようとしてました。
「じゃ、糸井さんとは恋愛と結婚について1時間トークするってことで!」。
そ、そりゃないよね。
恋愛と結婚。
スープカレーはどこへ行った?
全く関係ないぢゃないか!
ま、意外と、糸井さん頼みでならそんなテーマでも話ふくらみそうだけどね、
恋愛と結婚とスープカレー(笑)。
すみません、ちゃんとカレーの話、します、たっぷりと、マジメに。
スタッフの皆さん、混乱させてすみませんでした。
ぜんぶ鰹節のせいだ!
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-13 11:24 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
糸井重里×東京カリ~番長+スープカレー
2006年 07月 12日
新しいイベントのご案内です。
『スープカレーキッチン』(マーブルトロン)の増刷を記念して、
糸井重里さんとの対談を実施することになりました。
糸井さんと番長は何度かイベントでコラボさせていただいている間柄ですが、
公の場でカレーに関して対談するのはこれが初めてです。
当日は混雑が予想されるため、完全予約制でのご案内とさせていただきますが、
皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます。

■以下ご案内

********************************************************
「スープカレーキッチン」増刷記念
糸井重里×東京カリ~番長・水野仁輔トークショー!

「スープカレーキッチン」(発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社)の増刷を記念して、
トークイベントを開催します。著者と親交の深いコピーライター糸井重里をゲストに迎え、
スープカレーのルーツやエピソードを語って頂きます。
当日はイエカン×水野仁輔×糸井重里のスペシャルコラボのスープカレーを限定発売!
「スープカレーキッチン」に掲載されている人気の3レシピを、イエローカンパニーの
スープストックと、ほぼ日刊イトイ新聞「だれでもつくれる永田野菜」の永田野菜で再現。
ここでしか食べられないスペシャルなスープカレーを、是非お楽しみ下さい!

■日時:2006年7月16日(日)13:00~(12:30~開場)
■会場:イエローカンパニー 
    東京都渋谷区東3-14-19 オークヒルズビル1F
    http://www.yellowcompany.jp/
■定員:45名様 
■charge:¥500-(1drink付き) 電話予約の上、当日精算
        ※チャージドリンクメニューも増刷記念限定メニューになります。)
        ※限定スープカレーは別途料金がかかります。(限定45食)
        ※当日発売予定の限定メニュー 
         ・にんじんとピーマンのサッポロスープカレー
         ・ベーコンとキャベツのサッポロスープカレー
         ・いんげんと鶏ぶつ切り肉の真夏のスープカレー
        ※15:00~はイエローカンパニーの通常メニューをお召し上がり頂けます。
■電話予約&お問合せ:マーブルトロン
                tel 03-5934-8100
                http://www.marbleweb.net
■受付開始:2006年7月12日(水)12:00~
■受付時間:12:00~20:00
■会場で『スープカレーキッチン』をお買い求め頂いた方全員に素敵な購入特典あり!
********************************************************
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-12 15:39 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)
40都道府県&カレー
2006年 07月 10日
c0033210_225526.jpg

銀座「白いばら」での『ご当地カレー』本出版記念パーティ、
お越しいただいた方、本当にありがとうございました。
「白いばら」のタテ看板にカレーのポスターが貼られたのは
最初で最後なのかもしれませんね。
47都道府県コンプリートを目指したこのパーティ、
最終的には40都道府県の出身者、合計200人以上が集まってくれました。
残念ながらめぐりあえなかったのは、以下の出身の方々。

山梨県、京都府、和歌山県、鳥取県、山口県、徳島県、高知県。
でも、銀座のど真ん中のあの空間に全国各地40都道府県の出身者が
集まったというだけでもすごいことなのかもしれません。
こうやってボクらはまた改めてカレーの魅力と威力を
思い知らされてしまうのであります。
ということで、みなさん、またイベントでお会いしましょうねー!
(水野)
by tokyocurry | 2006-07-10 22:05 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(11)
ありがとうございました。
2006年 07月 09日
本日、
「東京カリ~番長がつくる ご当地カレー 47都道府県コレクション」
出版記念パーティーにお越しいただいた多くのみなさま、
大変ありがとうございました。


ほんとに多くの方にお越しいただきまして、
僕たちは、すごくうれしかったです。
多くの方にお越しいただいたのですが、
みなさんとゆっくりお話することができなかったのが、
残念です。
皆さんの地元の話とか、たくさん聞きたかったところですが・・・


この本をきっかけに、全国各地で
様々なカレーが作られていくとさらにうれしいです。
今回は、僕たち4人が47のご当地カレーを作りましたが、
もっといろいろな、カレーがいろいろな場所で食べられるように
なると、食べるのも大好きな4人とも、
もっとハッピーです。


これから、夏本番、カレー本番です。

この夏、皆さんの地元のカレーをぜひ一度作ってみてください。
レポートをこブログにてお待ちしております。

どうもありがとうございました。

(おしょう。)
c0033210_21333187.jpg

by tokyocurry | 2006-07-09 21:34 | *番長からのお知らせなど | Comments(14)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.