人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


2007年 03月 17日 ( 1 )
カレー番長・完結編
2007年 03月 17日
ご好評いただいている『カレー番長』、実は、特殊な技術で味にしかけをしてある。
それは、ある一定の温度以上になると味が溶け出す特殊な食材で
スナックをコーティングしているのだ。
だから、普通のスナック菓子のように、
手にしただけで指先にパウダーがつくようなことはない。
指の温度では溶けないから手触りはさらっとしているのに、
口の中に入ったときの温度で味がじわじわと出てくるのだ。
商品開発には下の写真の通り、水野家の書斎(別名:蛇口珈琲)に
メンバーが集まっては試食会議を繰り返した。
もうひとつ、秘密がある。
秘密っていうほどでもないけれど、『カレー番長』のスナックの形は、
通常のドリトスの三角がたと違う。
なぜか。
実は、インド料理のナンの形をイメージしているのだ(笑)!
とにかく、楽しい商品開発だった。
今回の2種類が発売される前から、すでに第3弾をやる話が持ち上がっているが、
またあの楽しい会議をできると思うと今から楽しみだ。
そこで、次の商品の味を勝手に考えてみた。
今でている2種が『リッチカレー味』と『ホットカレー味』。
細かいこだわりだけど、語呂を合わせて味の名前は考えている。
『リッチ』と『ホット』。
当初、盛り上がったのは、『リッチカレー味』と『バッド(bad)カレー味』だ。
『バッド』っていかにも挑戦的で食えるもんなら食ってみろって感じがしていいね、と、
みんなで話していたのだけれど、
さすがに企画担当者が社に持ち帰った結果、NGとなった。
そりゃそうか(笑)。
ま、とにかく第3弾の味も名前には小さい『ッ』が入っていれば語呂はあう。
じゃあ、『バッドカレー味』じゃなくて『グッド(good)カレー味』ってのはどうだろ?
ん~、味のイメージができないな。
『ノット(not)カレー味』って案もある。
カレー味じゃない味……。
東京カリ~番長がプロデュースしてるのに、商品名は『カレー番長』なのに、
カレーの味がしない……。
この案は、第1~2弾の商品の会議のときも浮かんでいたが、
勇気がなくて提案できずにいた。
今度は、言ってみようかな、『ノットカレー味』。
ま、「お前らが作る意味ないじゃん!」と言われたらそれまでだ。
英語に縛られる必要はないのかもしれない。
たとえば、『やっぱカレー味』ってのはどうだろう?
小さい『っ』はちゃんと入ってる。
でも、なんか、B級商品の売れないキャッチコピーみたいだな。
『ちょっとカレー味』もいける。
カレー風味が極めて薄い味。
インパクトに欠けるな。
『きっとカレー味』というのもある。
自分たちで作っておいて、自信ない感じ。
「たしかカレー味だったはずだけど、覚えてないんだよね……」みたいな。
うん、なかなかいい。
『やっとカレー味』もいい。
頑張って開発してんのに、なかなかカレーの味にならなくて、
試行錯誤の上、ようやくカレー味に辿り着きました、と。
ドリトスの商品開発能力に疑惑をもたれてしまいそうだ。
『トッポカレー味』ってのも浮かんだけれど、
ドリトスなのにトッポ(Toppo)だなんて、ありえない。
訴えられる。
あっ、いいの考えた!
『もっとカレー味』。
カレー感がより強くなって新発売、みたいなイメージ。
「ボクたちもっともっと頑張っていきますよ」みたいな前向きな感じも込めて。
おお、いいぞ、『もっとカレー味』!
よし、次の会議ではこれをイチオシにしよう。
みなさんも、なんか、いいの浮かんだら教えてください。
面白いのあったら、本当に実現しちゃうかもしれません。
それくらい懐の深いブランドです、ドリトスってのは。
(水野)

c0033210_2123202.jpg
by tokyocurry | 2007-03-17 21:23 | *番長からのお知らせなど | Comments(11)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.