エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


牡蛎番長&カレー
2006年 02月 26日
c0033210_16104238.jpg

去年の年末に牡蠣に当たって苦しんで以来、復活の日をいつにしようかと悩んでた。
実は今年の初めに2回の復活チャンスがあったのだ。
ひとつは知人が主催する毎年恒例の牡蠣食べつくしパーティ@代々木八幡。
もうひとつはかつてカレーの美味しい飲食店をやっていたシェフが主催する
牡蠣料理パーティ@神宮前近辺。
が、どちらも怖気づいてしまって参加表明できずに見送り……。
「このままではいかん!」と思っていたときに、とっても魅力的な話が舞い込んだ。
牡蠣番長ことカキタベのメンバーの方々と食事をすることになったのだ。
カキタベニストとしてあちこちの牡蠣料理を食べ歩いている彼らが、
よく行くフレンチレストランにお願いして牡蠣だけのコース料理を用意してくれるという。
「ここで克服せずにどこでする」と自らを奮い立たせる。
しかし、普通なら復帰第一弾はしっかり火の通ったカキフライ一切れにしとくとか、
少しずつ慣れていく方法を取ったほうがよさそうなものを、
いきなり牡蠣のコース料理だなんて、荒治療もいいとこだ。
とはいえ、わざわざ普段のメニューにないものを用意してくれると聞いて、
食あたりの怖さをすっかり忘れてテンションは上がる一方。
写真は、そのメイン料理。
『ホロホロ鳥のカレー』、ではなくて、『ホロホロ鳥のロースト・牡蠣のソース』。
牡蠣の風味がしっかりしていて、ホロホロ鳥に負けてない。
美しいマリアージュを実現した一品だ。
ガツガツ食べて、気がつけばいとも簡単に牡蠣を克服してました。
よかったよかった。
カキタベのみなさん、ありがとうございました~。
ちなみに赤坂のオステルリースズキさんが用意してくれたコースはこちら。

・牡蠣のジュレ シェリー風味
・牡蠣のグラタン シャンパーニュ風味
・牡蠣と北海道産白子のポワレ トリュフ風味
・牡蠣と芝海老のニューバーグ 新キャベツ添え
・ランド産ホロホロ鳥のロースト 牡蠣のソース
※牡蠣はすべて岩手三陸産
シェフも「楽しかった」と言ってくれました。
「さすがにデザートに牡蠣はやめときました」とも(笑)。
さて、次は牡蠣カレーですかな。
(水野)
[PR]
by tokyocurry | 2006-02-26 16:10 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(6)
Commented by takapu at 2006-02-26 21:38 x
 お喜びいただいて何よりです。

 牡蠣の場合はどうしても、食べられない理由として症状ゆえの心理的作用が働きやすいものなので、私も「これで深夜に妙なことになってたらどうしよう…」と心配でした。

 でも、再び牡蠣カレーへの情熱が燃え上がっているのを見て、私も「成功した」という気持ちででいっぱいです。次回は牡蠣カレーをご一緒したいですね。牡蠣パーティ2種類の際にもお願いします。

 あと…「ハットトリックおめでとうございます!」とも書きたかったのですが、今回は馬場、展開、出遅れと悪条件が全部重なってしまいましたね。次走予定のドバイに期待です。
Commented by tokyocurry at 2006-02-27 01:31
>takapuさん
ありがとうございました。
楽しい牡蠣ディナーでした。
牡蠣カレーの前に、築地あたりでカキフライですかね。
ハットトリック、たしかに残念でした。
来週はドバイまでついていきたいのをグッとこらえて日本で応援します。
Commented by 覚王 at 2006-02-27 09:41 x
ブログにまでカキタベ!を書いていただきありがとうございます。
水野さんとのディナーはとても刺激的で、さすが東京カリ~番長さんだと。。。

ドバイは、以前行ったことがありますが、なかなか面白いところですよ~。
是非!(笑)
Commented by tokyocurry at 2006-02-28 00:00
>覚王さん
いえ、こちらこそ、楽しかったです。
ドバイ、そうですか、いいんですか。
ボクはトランジットで2時間ほど、飛行機の中にいたことがあります(笑)。
行きたいですね~、最後のチャンスかもしれませんし。
ま、いけませんけど……。
Commented by おさる at 2006-02-28 22:58 x
私も過去に牡蠣に当たり、それでも更に2回はチャレンジしましたが、その2回とも当たり、さすがに今は怖くて食べられなくなりました。(^^;
私みたいにめげずに頑張ってください(笑)
Commented by 水野 at 2006-02-28 23:39 x
>おさるさん
再チャレンジで当たるのはアウトですよね。
僕は無事復活。多分、今後も食べられそうです。
<< カレーで叶える夢+カレー ちらし+ピラフ+カレー >>




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.