「ほっ」と。キャンペーン
エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
ÿþ
by ArthurKalk at 07:32
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


<   2007年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
第781話/ビックリ+カレー
2007年 08月 31日
思わず突っ込みたくなる愛らしい看板もある。
最好本でもファンレターを書いた秋葉原の『TOKYO PARADISE』は、
店先に「中国人もビックリ」と書かれた看板が出ている。
チキン&ドライカレーのあいがけを食べながら、突っ込む。
「インド人じゃないのかよ(笑)」と……。
(水野)

c0033210_11112447.jpg
c0033210_11114232.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-31 07:07 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第780話/0分+カレー
2007年 08月 30日
誰かが言う前に自分から言っちゃった方がパワーを持つ言葉もある。
御徒町の『サカエヤ』は、昔から「待ち時間0分」を看板に掲げるお店。
いい!
潔い!
チキンカレーに生卵のトッピングをしたって、
ちゃんと0分で卵の殻を割って盛り付けてくれるのだ。
(水野)

c0033210_9484541.jpg
c0033210_948548.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-30 09:49 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(0)
第779話/隠れ家+カレー
2007年 08月 28日
自分で言うより、誰かに言ってもらったほうが説得力がある言葉ってのは、
たくさんある。
「イケメン」とか、「爆笑」とか、「元祖」とか、「隠れ家」とか……。
目黒の『ラクシュミー』のように、
ビルの1階にド~ンと看板が出ていて、
そこに「隠れ家」とかいてあったりするのは、嫌いじゃない。
全然隠れてない感じがいい。
(水野)

c0033210_944336.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-28 09:44 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第778話/富山③+カレー
2007年 08月 27日
翌朝、起床は6時(ほとんど寝てないじゃん)。
蒲団を4つしいた旅館の大広間に、
突如鳴り響いたSHINGOのケータイアラームに起こされる。
なんで、エレクトリカルパレードなんだよ……。
文句を言う暇もなく漁港の朝市へ。
魚を物色しつつ、朝食をとる。
焼き秋刀魚とタラのアラ汁。
旅館に戻って、もう一眠り、と行きたい所を我慢して、
午後からのイベントの仕込みに取りかかる。
富山の名産物を使ったスープカレー2種だ。
ひとつは黒部名水ポーク、もうひとつはホタルイカと白エビを使う。
どれも素材が新鮮でおいしすぎるから、
ボクらはたいして何もしてないのに激うまなカレーができあがる。
2日目のイベントはショップの駐車場でゆる~い感じで。
ショップの方々やお客さんたちと談笑しつつ夕方5時まで。
「BLUE EYES JUNKIE」「NATURAL ADDICTION」の皆さんのように、
全国各地でイケてる人たちと一緒にイベントをすると、ときどき思うことがある。
ボクたち東京人は、いつも何かに追われ、バタバタとして時間がなく、余裕もない。
だから、いつまでたっても満足のいく結果を残せないのかもしれない。
一方、彼らは常にきめ細やかで優しくて、生み出すもののクオリティが高い。
東京だとか東京じゃないとか、そんなことは関係ないことなんだけれど、
でもこの差は見習わなきゃいけないことだよな、と。
ともかく、ボクたちにとって縁もゆかりもなかった富山、魚津という土地に、
2日間で強烈な縁もゆかりもできてしまった。
カレーコミュニケーション。
これこそがボクたちが東京カリ~番長の活動をしていて、
一番良かったな~と実感できる瞬間なのだ。
2日目のイベント終了とともに、東京行きの新幹線。
ああ、あと1日でいいから、自由にゆっくりできる時間が欲しかった。
心残りなんで、また行きます!
魚津の皆さん、富山の皆さん、覚悟しといてね~。
(水野)

c0033210_0273330.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-27 00:27 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(9)
第777話/富山②+カレー
2007年 08月 26日
富山、すげぇ!

イベントの実感はこの言葉につきる。
番長イベント史上に残る盛り上がり。
カレーの前に大行列。
250人分くらいのカレーはあっという間になくなり、
残り香だけが漂うフロアでは、SHJINGOのDJでみんなが踊りまくる。
ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ。
シャウト、シャウト、シャウト。

富山、すげぇ……。

興奮冷めやらぬままに25持ごろにイベントは終了。
スタッフの皆さんと打ち上げへ。
「朝まで飲みましょ~!」のノリではあったが、
翌日の仕込みもあるから、と夜中の3時前にはドロン(いまどきドロンって……)。
他のメンバーは朝の4時過ぎまでいたそうだ。
~つづく~
(水野)

c0033210_23555966.jpg
c0033210_23561513.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-26 00:59 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第776話/富山①+カレー
2007年 08月 25日
富山県のファッションリーディングショップ、
「BLUE EYES JUNKIE」「NATURAL ADDICTION」の
リニューアル1周年のイベントに番長出張をした今回。
怒涛の2日間を、淡々とレポートします。

土曜の朝7時、東京駅に集結する東京カリ~番長4人。
上越新幹線に乗って、富山へ出発。
日ごろの疲れが全く取れてないボクらは、これからだというのに、
行きの新幹線ですでにぐったりモードで爆睡。
お昼に魚津駅に到着。
会場となる「バナナの恩返し」に入って下見し、
駅近くになるカレーとコーヒーの店「モルト」で焼きうどんカレー。
昼食を取りながら、まずは、一息。
……の予定だったのだけれど、休んでる暇もなく、
ボクは焼きうどんカレーをひと口だけ食べると、みんなと別行動。
富山にあるカレー専門店へと向かう。
カレーに興味のない(笑)うちのメンバーが富山カレー食べ歩きに
付き合ってくれるはずもなく、孤独な一人旅だ。
地方に出張するときには、必ずこの時間が訪れる。
ボクは行く前から訪れるべきカレー店をチェック。
抜け出すボクを見送るメンバーは決まって、
「せっかくあれこれうまいもんがあるってのに、
何を好き好んでカレーなんて食べに行くんだろ~ね~」
みたいな感じの憐みの視線をボクに浴びせかける。
ともかく、ボクを乗せた電車は呉羽駅へ。
駅からタクシーでタージマハールへ行く。
気になっていたブラックカシミールカレーを食べ、ふむふむ、と。
で、メニューをよく見ると、なんと、「カードチリ」とあるではないか!
赤唐辛子をヨーグルトで漬けこんで油で揚げたインド料理。
ボクの大好物で、東京でもなかなかこれを食べられる店はない。
すげえじゃん、と呟きながら、パクリ。
店にタクシーを呼んでもらって、次の店「デリー」へと向かう。
車中で東京のデリーで敏腕営業として働く友人に電話する。
「あのさ、いま、富山なんだけど、タージマハールって店しってる?」
「いや、しらない」
「メニュー構成とか味がね、デリーっぽいんだけど、関係ないの?」
「たぶん、関係ないんじゃないかな~、そういう店、結構あるんですよ」
しばらく、ハウスとコラボしたレトルト商品のことで話し込んでいるとデリーに到着。
デリーでもブラックカシミールを食べる。
オーナーの早川さんに挨拶を、と思ったのだけど、高岡の店にいるとのこと。
かわりに富山店の店長と話し込む。
タージマハールは早川さんの下で修業した方が始めたお店なんだそうだ。
やっぱり、ね。
さあ、そろそろ魚津に戻る電車の時間だ。
タクシーを呼んでもらうと、店長が「新メニューをぜひ味見してください」と……。
タクシーを待たせ、食べながらまた話しこむと、案の定、電車に乗り遅れる。
40分ほど予定から遅れて魚津の会場に戻ると、
夜のイベントの仕込みはほとんど終わっていた。
すまぬ、何も手伝ってない……。
いや、こんなことがあってね、とか、富山のカレー事情はこんな感じなんだよ、
とか、意気揚々と土産話をするボクに、メンバーは「あ、そう、で?」と気のない反応。
ですよね……。
スタッフの方と寿司屋へ向かう。
美味しそうな刺身や握りたちを前に一人おなかいっぱいのボク。
うまそうに食べるな~、みんな。
そうだよな~、ここは富山だもんな~、カレーじゃないよな~。
なんとなく切なくて、ちょっと目に涙がたまる。
そんなこんなで会場に戻ってリハーサルをかねた打ち合わせをすると、
もう、そろそろイベント開始時刻。
入口の外には、まだOPEN前だというのに、
すでに100人以上のお客さんが並んでいた。
~つづく~
(水野)

c0033210_23392589.jpg
c0033210_23451436.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-25 23:16 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第775話/天国+カレー
2007年 08月 24日
浅草の喫茶店『天国』でチキンカレーを頼む。
テーブルに運ばれたカレーをひと目見た瞬間に、
ボクのハートは「ズギュン!」といとも簡単に打ち抜かれ、
そのまま後ろにド~ンと仰け反ってしまったのである。
天国に、カレーがかかってる……。
ほら、お皿の手前のふちのところ、「天国」の文字の上に
チキンカレーのソースがたら~っと。
その後のボクは軽いヘッドバンキング状態。
天国に、カレーをかけちゃった……。
事件です!
大事件です!
すごい!
すごすぎる!
ボクは一生がんばったって、
カレーでこんなにも大胆なことはできないにちがいない。
これを書いている今でさえ、
打ち抜かれたボクのハートはズキズキしっぱなしなのだ。
(水野)

c0033210_072130.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-24 00:07 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第774話/いんでぃら+カレー
2007年 08月 23日
有楽町のいんでぃらでベンガルチキンカレーを食べながら考える。
はて、この店の名前は、
『いんでぃら』なのか、それとも『いんでいら』なのか?
この店を初めて訪れた15年ほど前からボクのなかでときどき出ては消え、
くすぶり続けている大きな疑問なのだ。
小さい『ぃ』なのか大きい『い』なのかがわからない。
お店のロゴは『い』の部分が微妙なサイズでしかも傾いてるから
判断がつかないのだ。
普段、雑誌の取材を受けるたびに
「東京カレー番長」とか「東京カリー番長」とか書かれているのを
細かく文字校して「東京カリ~番長」に修正しているボクとしては、
お店のためにもハッキリとさせておかなくてはならないと思ってる。
誰か、正解おしえてくれませんか?
ボクの15年間の悩みを解決してください。
(水野)

c0033210_23451870.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-23 23:45 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
今度の土日は、富山へ【出張カリ~】!
2007年 08月 22日
詳細は、
「東京カリ~番長のイベントカレー」で。
c0033210_1224455.jpg

[PR]
by tokyocurry | 2007-08-22 01:23 | *番長からのお知らせなど | Comments(0)
第773話/理由+カレー
2007年 08月 21日
「ねえ、どうしてそんなに海に潜ってばかりいるの?」
ガールフレンドに訊かれたジャック・マイヨールはこう答える。
「陸に上がる理由が見つからないからさ……」
ぬぉぉお、かっくいぃぃっ!
初めて映画『グラン・ブルー』を観たとき、
ボクはこの部分を何度もリピートしては狂喜乱舞した。
あれから随分たって、ボクもオトコを磨いた。
だから今ならそれくらいのセリフはいつも心に準備してるつもりだ。
どこかの美女が色っぽいムードで訊いてくる。
「ねえ、どうしてそんなにカレーばかり食べてるの?」
一拍おいて、ボクは言うんだ。
「ラーメンにする理由が見つからないからさ……」
ひゅー、かっくいいっ!
でも一度も訊かれたことがないから今のところ使えないままでいる。
さらに、六本木の『カレー麺』ってお店で、カレー鍋のようになものに
ラーメンの麺をぶち込んでたらふく食べてしまった日にゃあ、
使いたくても使えないセリフになってしまう。
ちなみに
「なぜ山に登るのか?」
に対して、
「そこに山があるからだ」
ってのはまあ悪くないと思うけど、
「なぜカレーを食べるのか?」
に対して、
「そこにカレーがあるからだ」
はちょっと無理があると思う。
なぜだろう?
理由は自分でもわからない。
(水野)

c0033210_0262290.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2007-08-21 00:26 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.