「ほっ」と。キャンペーン
エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
ÿþ
by ArthurKalk at 07:32
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
第571話/王子+カレー
2006年 10月 30日
残業メシ。
「とろ~り玉子」のドライカレーなんだけど、
「とろ~り王子」のドライカレーって読み間違えたせいで喜色満面で買ったのだが、
食べる前によく気づいてガッカリ。
とろ~り王子。
どんな王子様なんだろう……。
(水野)

c0033210_418939.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-30 23:14 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)
第570話/カリスト+カレー
2006年 10月 29日
今日を持って、中野のカリストが閉店しました。
いろんな意味でとても貴重な存在のお店、
すごく応援していたお店だっただけに残念です。
オーナーの佐伯さんの次の展開に期待します。
また、復活してどこかでお店を出してくださいね。
心待ちにしています。
(水野)

c0033210_2142797.jpg
c0033210_2143818.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-29 23:12 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第569話/おやぶん+カレー
2006年 10月 28日
今日はおやぶんと一緒だった。
おやぶんと一緒だといいことがある。
場所は東京タワーのふもとにおやぶんが経営している紹介制のBAR ZORRO。
おやぶんが「水野さん、あれ、食べます?」と言ってくれたので、
「ぜひ!」と答えたら、BARの2階にあるタワシタというビストロから
カレーつけスパなるものを運んできてくれた。
おやぶんが2Fで食事するときに気まぐれでシェフに作ってもらうという、
メニューにないカレー料理だ。
さすがはおやぶん。
甘めのフルーツカクテルを飲みながら秋色に彩られたスパゲッティを口に運ぶ。
お腹一杯になって外に出ると涼しい夜風がさっとふいて、
見上げた空には東京タワーが神々しく光り輝いていた。
まだ詳しくは明かせないけれど、
この「東京タワー」は「東京カリ~番長」にとって、特別な場所になることが決まっている。
「末永く、よろしくお願いします」と挨拶して家路についた。
ご馳走様でした、おやぶん
(水野)

c0033210_22442443.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-28 22:44 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)
第568話/空振り三振+カレー
2006年 10月 27日
新大阪の駅構内の「CURRYCURRY」でナポリのカレー(¥950)を食べる。
ここのお店は自称「ほんとうに美味しいカレーが食べられる店」。
そしてこのメニューは自称「元祖イタリアンカレー」。
さらにご飯の上に乗っかってるのは田代シェフ手作りのイタリアンピクルス。
と、まあ、それはそれとして……、
カレーと全然関係ない話題ではあるけれど、
日ハム優勝おめでとう!
野球にはあまり興味がありませんが、
この世には「格好いい空振り三振」っていうのが存在するんだな、と。
目に涙を溜めながら新庄選手の姿をNEWSで見てました。
(水野)

c0033210_281396.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-27 02:08 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第567話/ダイヤ+カレー
2006年 10月 26日
千林大宮の「ダイヤ」でステーキカレー(¥1300)を食べる。
ダイヤって名前はありそうでないな~。
なかなかいい名前だな~。
ダイヤモンドカレーってメニューがあったらもっとよかったのにな~。
どんなんかは想像もつかんけど……。
(水野)

c0033210_1505975.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-26 01:51 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)
第566話/弁護士+カレー
2006年 10月 25日
淀屋橋の裁判所の近くにある「もりやま屋」でチキンカレー(¥800)を食べる。
時間が全くなかったので、その前に用事があった場所から距離も方向もわからないまま
タクシーに飛び乗った。
とりあえず、お店の地図を渡して、
「ここまで行ってください」と。
「カレー屋さんなんですけど、近くまで行ったら歩いて探します」と付け加えた。
すると、運転手さん、地図をぱっとみて、そのまま走り始めたのだけれど、
しばらくして、話しかけてきた。
「お客さん、そこのカレーは間違いなくうまいよ」
「え? 知ってるんですか?」
「いや、行ったことはないけど、裁判所の近くやから味にうるさい弁護士さんがたくさん。
そういうとこでやってる店は間違いない」
「なるほど~、そんな場所なんですね~」
「でもね、値段は覚悟した方がいいよ。高いよ、多分、イヒヒヒヒ」
そんな会話をしながら目的地へ。
お店はいたって普通の雰囲気。
カレーだって、800円と安い。
店内にはお客さんが4~5人。
主婦っぽいおばちゃんと若いカップルとビジネスマンぽい青年と
派手なファッションのおじさんと……。
なにもかもが普通だ。
でも不思議なもので、タクシーの運ちゃんのコメントのせいか、
全員弁護士に見えてくる。
「ああ見えて、本当はすごい頭いいんだ……」
ま、全員弁護士はありえない感じだったけど、
カップルの男の方とビジネスマン風の男の人は弁護士だったに違いない。
弁護士カレー。
新しいジャンルだ。
(水野)

c0033210_1105897.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-25 01:11 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第565話/無期限+カレー
2006年 10月 24日
大阪であります。
吹田市千里山のタンダーバニーでチキンカレーとライタを食べる。
お店を出るときにおっちゃんがサービス券をくれたんだけど、
次に来るのはいつになることやら、と思い、
「東京からなんで……」と断ると、
「無期限やから、来年でも再来年でも~」と手渡してくれた。
そう言われると明日にでもまた行きたくなっちゃうのだ。
あったかいカレー店だな~。
(水野)

c0033210_353028.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-24 03:53 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)
第564話/PULL+カレー
2006年 10月 23日
神保町のつけそば店「北かま」でつけそばカレーだれを食べる。
店を出るときに気がついたんだけど、ここの扉は中も外も「PULL」と書かれている。
扉の向こう側にいるひとにぶつけないように、という配慮なのかな。
入る人と出る人が同時に扉に立ったら引っ張り合うことになる。
その絵はちょっと面白い。
(水野)

c0033210_1423082.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-23 01:42 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第563話/カレー花&カレー
2006年 10月 22日
Jindian Cooking Party(略してJCP)というのをやりました。
日本では食べられないタイプのインド料理。
インドでも食べられないタイプのインド料理。
ボクの創作したインド料理をみんなで食べてワイワイガヤガヤする会。
何か特別な名称が欲しいな、と思ったので、Jinsukeとindianを合わせて「Jindian」。
ま、くっつけただけですが……。
で、本日のメニューはこちら。

・アスパラガスと焼き茄子のベンガルスタイルサラダ
・鶏ムネ肉のタンドリー風 マスタードとグリーンソース
・車海老のアーモンド焼き サフラン風味
・ほうれん草とアプリコットのコルマソース 鶏肉包み
・鶏モモ肉とチャナ豆のカレークリームシチュー
・生カレーリーフを使ったレモンライス

イメージとしては、ロンドンで流行しているハイソなインド料理に近い感じです。
そして、写真はBEAMSの峯野さんがこの会のために用意してくれた花。
「カレーをテーマに作ってください」とオーダーしてくれたみたい。
カレー花。
いい!!!
Curry Flower
Good!!!
(カリフラワーみたいだが)
これ、毎回、誰かにお願いしようかな。
いろんな花屋さんに「カレーをテーマ」にして作ってきてもらう。
どこの花屋さんでもきっと初めてのオーダーだろう。
あれこれと工夫してくれるに違いない。
次はどんな料理にしようかな、どんな花がくるかな。
自宅でやるんで、身近な人からお誘いしていきますね~。
(水野)

c0033210_22522484.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-22 22:52 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(5)
第562話/「伝統」論+カレー
2006年 10月 21日
銀座の三笠会館でスペシャルインドカレー(¥1260)を食べる。
伝統あるレストランの伝統あるメニューだ。
このレストランは昔から鶏を一羽丸ごと仕入れ、唐揚げ用の肉を取り除いた後、
残りをカレーに使っている。
だからカレーに鶏肉の色んな部位が使われていて、
なんとなんと、砂肝まで入ってるのだ。
カレーに入っている砂肝ひとつ取ってもそこに綿々と受け継がれてきたストーリーがある。
これ、すっごく大事なとこよ。
「伝統」って、要するにそういうことなんだと思う。

ああ、また、カレー店についての本を1冊、書きたくなってきた……。

(水野)

c0033210_2174160.jpg
[PR]
by tokyocurry | 2006-10-21 02:17 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(8)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.